シフォンママの徒然日記

Mダックス、シフォンのこと・・・というより、シフォンママの主婦のつぶやきです。 次女ちゃん、矯正始めました。 矯正カテゴリーで見てね。 コメント、いっぱい書いてね〜〜〜

クリスマス

昨日は、ちと矯正の話で愚痴りすぎたので、下書きに移しました。
また落ち着いたらUPしますです。

さて、今頃3連休のお話ですが。

先週の木曜日に歯列矯正で、上の歯にブラケットをつけた次女ちゃん。
金曜日の朝、目覚めるなり絶叫です。

「いたいいいいいいいいいいいいいいいいい」

猛烈に歯が痛むよう。
歯が動いているんでしょうね。
先生3日くらいで納まるって言ってたけれど・・・
ワイヤーは、体温くらいの温度できつくなるものなので、痛むときは氷水を口に含ませてあげて、と言われていたので、そうしたけれど、含んでいる間だけ少しましになる程度のよう。

もう学校行くどころではなくて、欠席しました。
(おかげで、学期末最後の授業日だから、まだ持って帰ってなかった国語辞典だの、置き傘だの、取りに行く羽目に)

悲惨な3連休になるかと思ったけれど、少しずつ少しずつましになって、連休最終日には、何とか普通に物も食べられるようになりました。
デーモンという、ブラケットにワイヤーが固定されない最新式の矯正方法だそうで、一般的なブラケットの10分の1くらいの力しかかからず、ずっと痛みもましだそうです。
ブラケットも、一つずつ、カチッカチッと留め具が開いて、そこにワイヤーを通して、またプチップチッと閉めるようになっていて、そこをワイヤーが通っているだけなので、ワイヤーは自由に動くのです。
(って、一般的なブラケットの矯正がどんなのか、知らないんだけれど)


こんなブラケットとワイヤーです。
一つ一つに左右対称にぽちっと色がついているのわかりますか?
真ん中が青、その横がピンク・・・と。

ブラケットとワイヤーを固定するゴムなんかは不要です。
なので、カレーを食べたら、ゴムが染まるっちゅう心配は今のところないです。
(上下にブラケットつけたら、上下でゴムをかけたりすることはあるそうだ)
カレー好きの次女ちゃんとしては、そこは嬉しいところ。


そんなこんなもあり、ひたすら私は年賀状作りにいそしんでいたりもして(こんなに早くに年賀状仕上げたの初めて)、クリスマスはいたってシンプル。
長女ちゃんの部活があったり、英語塾の冬期講習があったりしたので、イヴイヴよりさらに早く、22日に、ケーキを作って食べましたが、料理は焼肉という、わけのわからん状態に。

で、ケーキは、多分去年のクリスマスにもこれを作ったような・・・
キャラメルバナナタルトです。
パパが好きなんだよねぇ。



次女ちゃんは、キャラメルソースだけじゃなくて、チョコソースもかけてます。





イブの日もね、ケーキを焼きました。
終業式の25日、うちの教室のクリスマス会をしたので、そのときのケーキの予行演習。
(写真はありません)

夏休み前にお楽しみ会、冬にクリスマス会をしているのですが、そのときに私の手作りケーキを出してます。
今年は直径26センチで焼いたから2台でいいかなと思ったのだけれど、結局3台焼きました。
とけないスライスチーズを使った「ふわふわチーズケーキ」です。



食べた後、みんなで「大あらし」なんかをして遊ぶのですが、年々ネタがなく・・・
今年は、新たにネットで探すという努力もせず、行き当たりばったり。
何か子どもが喜びそうなゲームがあったら、教えてください。

地区によっては子ども会のクリスマス会とだぶっちゃって、遅刻してきたので、ケーキを食べられなかった子が何人かいるのですが、その子たち用にと、もし落としちゃったりする子がいたらいけないと思って、予備のケーキを用意して、ラップで一つずつ包んで置いてあったのですが、帰る間際になって、予備のケーキが消えていました。

う〜ん、誰か持って帰ったんだよねぇ。
それだけおいしかったからってことにしとこう・・・
(でも黙って持って帰ったらだめよ〜)

くたくたになったのですが、みんな喜んでくれてよかった。

そのクリスマス会の最中、仕事のメールが。
(パソコンメールのうち、仕事関係だけ携帯に転送するようにしています)

27日までに仕上げなければならない仕事が入りました。

28日の午前中で教室が終わるのですが、午後から富士へ向けて出発する予定。今年の正月明けに行った休暇村富士です。
それまで、ひたすらお仕事です。
(今夜もいつ寝られるのか・・・)

週末天気が悪そうで、富士山が見えるのか心配。
うちの両親も、富士山を見せるために連れて行くのだけれど・・・
子どもたちは、スキーできるのだろうか。
晴れるように祈っててくださいまし〜

怒り

次女ちゃんの矯正、月曜日に型取りに行きました。
樹脂を口に流し込み、固まったところではがし取り、後でそれに石膏を入れて、歯形を作ります。

通っている矯正の歯科は、矯正専門ではなくて、一般の歯科・小児歯科・矯正歯科の看板を上げています。
ご夫婦でされていて、どちらが担当とは決まっていません。

型取り等をするのは、歯科衛生士さんです。

でも、床矯正から、ブラケット矯正をするぞと決めて、久々に来院して、でも前回お値段を聞いて、納得していなかったので、院長先生(ご主人)にもう一度話を聞きました。
(聞いたからって、お値段変わるとは思っていないけれど)

初診で訪ねたとき渡された床矯正の本には
「床もブラケットも一装置と考えるので、値段は同じです」
と書いてありました。
もちろん、その本の著者の先生の病院での話ですが、多少前後しても、そんなに大きな違いはないだろうと思っていました。
(本にも、「病院によって多少前後します」というようなことが書いてある)

その著者の先生が、床矯正を大々的に広めている感じがあって、その床矯正研究会のHPに、今かかっている歯科が載っています。
なので、まあ会員というか、だいたい同じようなことをしてもらえると思っていました。

床を1装置作ると、63000円です。
次女は上下ひとつずつ作ったので、126000円を払っています。

最初の説明で、上はあと一つふたつ、下は最初のひとつでいけると思うけれど、もうひとついるかもしれない、と言われていました。
それでも、合計装置が多くても4つくらいかな、では合計262500円くらいかな、と思っていました。

それが、一つめの床が終わったら、ブラケットをしたほうがいい、床では平面的な矯正しかできない、平べったい並びになる、と言われ(それは最初にも、ちらっと言われていましたが)、ブラケットはひとつ157500円だと、そのとき初めて言われました。上下装着すると、315000円です。

下は比較的きれいに並んでいるのですが、前歯が真横のに一直線に並んでいます。
上は、犬歯が並びきらず八重歯になっています。

今のままでも、やり始める前よりは、かなりいいのですが。
ここまできたら、最後まできれいに並べてやりたい。

他へ変わったら、また一から費用がかかります。
おそらく新たに60〜80万円は覚悟せねばなりません。
すでに、検査費やら、床の装置代やらで、15万以上払っています。

最初にきちんと確かめておかなかったので、仕方ないとはいえ、最初に本を渡すということは、それにのっとってやるってことだと思ってました。

もともとのかかりつけの歯科で、虫歯の治療をしにいっている間に、悩みに悩んで、医療控除をしっかり受けるには、なるべく同じ年に金額が多いほうがいいので、年内にしようということで、ぎりぎりに決めました。


で、月曜日に行ったわけです。

院長先生の話でも、前回の奥さん先生と同じで
「デーモンという、このあたりでもほとんどまだされていない、最新の方法でやることになった(この医院のブログによると、5月ごろデーモンシステムですることを決めたようです)。これが一番患者さんにいい方法だと思うんで、本に載っているのは、昔からの方法だけれど、この先生とはやり方が違うので」
高いのはやむをえない・・・・という説明。
予想通りやね。

ただね、最初に次女ちゃんを見た先生
「お、ちょっと太っんちゃう?」
が、第一声。

この先生、打ち解けようとしてなのか、いつも言わんでいいことまで言うことが多いような気がする。
たいして親しくもない、まだ数回しか会ったことのない大人に、いきなり10歳の女の子が
「太ったんちゃう?」
って言われて、いいことがあるのだろうか。
確かに太ったっちゅうか、かなり細めだった次女ちゃん、今はぽちゃっとしてきた。
長女ちゃんも4,5年生のころ、ぽちゃっとして、そのまま背だけ伸びて、今は細くなったから、あんまり心配してないんだけれど、本人は少し気にしてる。

次女ちゃん切れるか!?と思ったけれど、大丈夫だった。

「あんまり、そんなことは言わないほうが・・・本人も気にしてますし」
って言ったら、先生あわてて
「ま、これから背が伸びる時期やしね」
などと、フォローしようとする。

まあ、やるって決めたんだから、もう小さいこと気にしていても仕方ない。

で、型取って、その日は帰宅。

昨日の木曜日、いよいよブラケットをつけに行ったのだけれど、その際の奥さん先生の言葉に、もう腹が立って腹が立って、夜布団の中でなんだか泣いちゃいました。
(泣くほどのことではなかったんだけれどね、なんだか夜思い出したら腹立っちゃって)

矯正で見てもらわなきゃいけない以上、今はがまんしているけれど、終わったら絶対文句言ってやる。
今言ったら、手抜きされても困る。

長文になっちゃったんで、(だらだら書いちゃって、意味わからないと思います。すみません)続きはまた今度。

矯正再開

本日、矯正でお世話になっている歯科へ行ってきます。
次女ちゃんの矯正再開です。

床矯正だけで終わるわけにはいかず、でもその歯科に不信感が芽生えてしまい・・・
それでも、よそでやり直せば、費用はイチからかかります。
文句の一つも言いたいけれど、まだ1年くらい世話にならなければならないので、ぐっとこらえて、行ってきます。

ブラケット、上だけにするか、下も一緒にするか・・・
まだ決めていません。
医療費控除などを考えると、年内にすることしといたほうがいいんだろうな。

医療費控除受けようと思うのは初めてです。
今までしたことがない。(めったに10万なんて超えないんだけれど)
住宅ローンで控除額がいっぱいいっぱいと思われ・・・
(前のマンションから始まり、何年住宅ローン控除を受けてるんだ?)
まだ何にも調べていないので、もしかすると受けれるかもしれない。

「上だけ先に初めて、慣れてきたら下もつけましょうか」
って言われたけれど、う〜ん。そしたら年越えちゃうだろうし。
今日は型取りなんだけれど、できたら上下いっぺんにやろう。


もうすぐ長女ちゃんの3者面談。
帰ってきたら、次女ちゃんの歯科。
多分長女ちゃんが家出るまでに戻れないから、友だちに英語塾送ってもらって、お迎えは私。

なんだか、慌しい午後です。

クリスマスプレゼント♪

::CoPoCoPo::のあいさんから、今年も届きました〜
(去年はこちら

チロルのクリスマスバージョン詰め合わせ。
ちょうどシフォンがトリミングに行った日です。

シフォンがお迎えのショップの人に連れられて行った後、2階のベランダで洗濯物を干していると・・・

郵便屋さんのバイクが来て、手には大きなものが。
「そこに置いといてくださ〜い」
と上から言おうとしたときには、郵便屋さんは門扉の上から手を伸ばして、郵便受けの取り出し口からその大きなものを入れておりました。
(去年も多分、こうやって入れてくれたようで)

で、洗濯さっさと干し終えて、急いで階下へ。
むふっ

シャンプーから帰宅したシフォンとともに。








この中に50個のチロルが入っております。
いろんな味があるのだけれど、いちごのゼリーが入ったのが、今年新たに加わっており、それがお気に入り。
(すでに食べつくしてしまいました)

いや〜仕事の合間にぽつぽつ食べるのがうまいっす。
あいさん、いつもありがとうです〜〜〜
そのお心遣いが嬉しいです

何があった!!!!!!

木曜日、シフォンをシャンプーに出しました。
今回で3回目のお店。
ごく近所でやってて、住所もわかっているけれど、いつも送迎なので、行ってみたことはないです。
多分普通のおうちだと思われます。

安いのと、上手よ〜っていう評判で、今までお世話になっていて、歯磨きまでして、ブラッシングも取れるだけの死に毛を取り除いてあるし、仕上がりがいいので、3回目です。

ぱっと見、ちょっと怖い感じのお兄さんが車で迎えに来てくれますが、シフォンびびります。
慣れない人は苦手なもんでね。
でもまあ、強引に逃げ出そうともせず、おとなしく抱かれて、車の助手席にぽんと座らされ、去っていきます。(それって、どうなんだ・・・・)


自宅でパパが洗って、私が乾かして・・・っていうのだと、やっぱり2週間くらいでなんとなくにほいが気になってくるのだけれど、洗ってもらうとひと月なんとか大丈夫。

だけれど、やっぱり立ち会えないお店に出すのって、シフォンには負担なんだろうかと、悩みつつです。

何事もなく帰ってきたシフォン。
緊張していた様子はうかがえるものの、それほど普段と変わった様子もなし。
シャンプーの際は、さぞ水飲むだろう(家だと飲んじゃう)ので、おしっこだけさせて、ハウスへ。

その後、リビングで子どもたちと遊んだりしていても、特に変わったところはありませんでした。

夕食後、また子どもたちとかくれんぼとかしながら、遊んでいて、古靴下を投げてくわえさせて遊んでいたら、次女ちゃんの手に、シフォンの歯が当たりました。

次女ちゃん、
「こらぁ〜〜〜〜」
とシフォンを追いかけたら。

きゃい〜〜〜ん、
  きゃい〜〜〜ん、
    きゃい〜〜〜〜ん


聞いたこともないような、シフォンのけたたましい泣き声が。

散歩なんかで、たま〜〜〜〜に、しっぽ踏んじゃうことがあって、そのとき
「きゃん!」
と鳴くことはあるのだけれど、そんなもんじゃありません。

何事!
とシフォンを見たら、おかしい。
しっぽが完全にお腹の下に入り込み、動けない。
呼んでも来ない。
腰が抜けたような状態。

これはヘルニアか!
ヘルニアだったら、少しでも早く手術しないと、歩けなくなる。

それとも、膝の関節が弱いシフォン。
外れちゃったのか?

「一体何したの!!!」
次女に聞くも、次女ちゃんもあまりのことに、動転。
「何もしてない。触ってもいない」
と泣きじゃくる。

大好きなおやつを見せても、キャベツを持ってきても、無反応。
部屋の片隅でがたがた震えている。

私にも次女ちゃんにも来ないけれど、長女ちゃんがいくと、寄っていって、すりよって小さくなって震えている。

どうしよう、どうしよう。

かかりつけのDr.に電話するも、もう診察時間終了していて留守電。
救急動物病院まで車で1時間くらいか。

膝を触るけれど、痛がる様子はなく、腰もどうもないようだ。

それでも、ものすごい震え方。
震えながら、そのうち、はぁはぁ息切れし始める。

ずっと名前を呼んで、だっこしていたら、少しずつ落ち着いてきた。
試しにハウスの扉を開けたら、めったにないことなのに、自分から飛び込んでいった。

これって何なんだろう。

どこも痛がる様子がないので、そのままハウスで落ち着かせることに。

子どもたちはとりあえずお風呂に入らせ、自分のせいだと思っている次女を長女に任せ、私はハウスの外からシフォンの様子をうかがう。


しばらくして、ハウスの扉を開けて、シフォンを呼んでみたら、恐る恐る出てきた。
それからはかなりおとなしくはあるけれど、普通のシフォン。

次女ちゃんが追いかけたとしても、それって、今までにも時々あったことで、でもこんなことはなかった。

トリミングで、何かあったのかな〜と思うのだけれど。
シフォンが逃げちゃいそうになって、追いかけたとか、シフォンが歯磨きなんかで抵抗したので、何かされたとか。

お風呂で、長女ちゃんが、わざと次女ちゃんをたくさん笑わせてくれたようで、出てきたときは、次女ちゃんも元気になっていて、シフォン大丈夫だよというと大喜び。

シフォンも次女ちゃんを別に怖がる風でもなく。

まったく原因もわからないまま、普通のシフォンに戻りました。

何がなんだかわからないけれど、よかった、よかった。

中学校に

長女ちゃんの学校へ行ってきました。

年明け、1月にスキー学習があるんだよね。
2泊3日でスキーに行くっちゅうもの。
その説明会がありました。
例年、年が明けてから説明会あるようなんだけれど、保護者が余裕を持って準備できるようにってことで早まったらしい。

小学校は距離にしたらそうでもないかもしれないけれど、坂を上がっていかないといけないので、結構行くのがつらい。
(まあ、子どもたちは毎日通っているわけだけれど)

中学は、近いから楽なのだ。

さて。
行程やら、持ち物やらの説明があり・・・

ウエア一式、ゴーグルから手袋までレンタルです。
技術家庭科の先生が、「家庭科」の先生だったときは、授業で帽子を編んで(とても帽子に見えないようなものもあったらしい)、それをスキー場に持ってったらしいけれど、今の技術家庭科の先生は「技術」なんで、編み物しないので、帽子もレンタルだそうです。
(「技術」の先生の年は、技術ばっかり、「家庭科」の先生の年は、家庭科ばっかりしてるっちゅうことやろうか。)

家から着ていくのがすでに学校指定のジャージ上下。
宿舎館内もジャージ上下。

ジャージの中は基本体操服。

でも、体操服を1枚しか持ってない人もいるし、汗かいたりもするので、白基調のTシャツはOK。
以前は、ワンポイントまで可などとなっていたらしいが、それもわざわざ買わないといけなくなったりするので、華美でないものならいいということになったらしい。

スキーの時に、スキーウエアの下に着るものは、何でもいいみたい。

私、高校の修学旅行は信州にスキーだったけれど、そのときは帽子やゴーグルや手袋は自分で購入だったんで、全部レンタルだと、親の負担が減るよね〜

レンタルウエアのサイズも自己申告なため、見本として男の子二人登場。
Sサイズを着た子と、Mサイズを着た子。
お母さんたち
「身長は何センチですか?」
「Sサイズ着ている子がMサイズ着たらどうなりますか?」
お母さんたちの前で、男の子、ウエアの生着替え(下に体操服着てます)。
おまけに、後ろの方のお母さんがよく見えないっちゅうんで、会場内を一周歩かされてました。
素直な男の子たちじゃ。

でもねぇ、やっぱわかんないやん。
男の子と女の子じゃ、肩幅だって違うし。
体格のいい男の子のお母さんたちは、ウエストをやたら気にしてたし。

後の質問で
「子どもたち自分で試着できるように、ウエアを置いておいてもらえませんか?」
って頼んだらOK出ました。
モデルになった男の子たち、お疲れ様〜

スキーのレベル分けも自己申告。
意外と経験者が少ないみたい。
長女ちゃん、ボーゲンよりちょっと足揃うかなっちゅうくらいなんで、どこに入るか悩んでいるんだけれど、中級コースがんがん滑れるんで、一番上でいいと思うんだけれどな。
スキー学習中は、専門のインストラクターもつくからちゃんと教えてもらえるだろうし。(今までまるきりの我流だもんね)
本人は、友だちと相談して決めるらしい。

2泊3日。
2回ある夕食が、鴨鍋とすき焼き。
ええな〜
今の2年生は雪がほとんどなかったらしいが、今度はあるといいねぇ

作品

ちょっと前に作ったもの。

ペットボトルケースです。
これにも、てんとうむしのリボンでタグをつけました。
ペットケース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 













今日、急にお昼過ぎに友だちが来ることになり、あわてて掃除機かけたり、ケーキを焼いたり。

普通のスポンジ生地に、マーマレードを1瓶入れます。
甘すぎても・・・と思って、砂糖をほとんど入れなかったら、物足りない味のケーキになってしまいました。
でも、ふわっとしてて、まあ、おいしかったです。
ケーキ















シフォンと子どもたちを撮りまくっていたら、ちょうど耳が浮いてるシフォンを撮れました。
ダンボみたい。

床は、例のコルクマットを敷いています。
かなりなじんできて、継ぎ目が目立たなくなってきました。
ダンボシフォン

コーヒーメーカー

またコーヒーメーカー買いました。

去年のクリスマスに、オットにプレゼントしたコーヒーメーカー
デザインがオサレな、外国家電ラッセルホブスの、一人用。
オット、ずっと愛用しておりましたが、会社でも一人用コーヒーメーカーがほしいということで、もうひとつ買ったわけです。

じゃん。




アマゾンで買ったのだけれど、なんと1580円なり!
(楽天だと2200円くらいする)

これ。
TIGER パーソナルコーヒーメーカー(マグタイプ) ACI-A010C

ラッセルホブスのは、多分3000円超えてたと思うんだけれどな。
去年、コーヒーメーカー探していたとき、このタイガーのも見つけたのだけれど、どこも欠品状態だったので、あきらめたのだ。

で、品物到着してみたら、こっちのほうが使いやすい。
ラッセルのは、粉や水入れるところが小さいので、こぼれやすい。
自動電源オフもないから、消し忘れることもある。
タイガーのは、自動電源オフがあって、これがかなり便利。

ただ、タイガーのほうは、お湯が出るのがスピーディーすぎて、ちょっと蒸らしが足りないような気がする。
オット、豆を細かく挽いてもらうのが好きなので、それだとちょうどいいみたいです。

このごろ、紅茶派だった私も、コーヒー派になりつつあります。
charoさんと、orange dogさんにいただいたコーヒーを大事に大事に飲んでます。
ひとり分淹れるには一人用コーヒーメーカーってホント便利。
(ただし、ペーパーフィルターは、1×1という少し特殊なのが必要。普通の2×4でも上を切れば使えます。)

結局会社へは、ラッセルのほうを持っていきました。

手作り

忙しいながら、必要に迫られて作ったものがいくつか。

そのうちひとつ、次女ちゃんの手さげかばん。



裏地はピンクのギンガムチェック。
てんとうむしのタグがかわいいでしょ。


クリスマスDVD

朝、特ダネを見ていたら、小倉さんがオープニングで「ルドルフ 赤鼻のトナカイ」のDVDを紹介していました。

ルドルフ 赤鼻のトナカイ コレクターズ版ルドルフ 赤鼻のトナカイ コレクターズ版


’64年にアメリカで製作されたパペットを使ったアニメ。
当時、ものすごい視聴率をたたき出し、それからも毎年クリスマスに放映される名作だそうです。
このアニメの人形製作を担当したのが、なんと日本人。
人形アニメの第一人者の持永只仁さんと人形製作の小室一郎さん。
40年たった今見ても、かわいらしく、あたたかい気持ちになるアニメ。

これは、ぜひ全部見たい!と思って、早速注文。
でも、テレビの威力はすごいらしく、しばらく手元に届きそうにありません。
早く来ないかな〜
カウンタ



2006.4.8〜

多忙につき、キリ番プレゼントの製作がままなりませぬ。しばらくの間、キリ番プレゼントお休みします。ごめんなさい。
楽天市場
タグふれんず
楽天市場
ちょびリッチ
懸賞・小遣い ちょびリッチ
Recent Comments
管理人
シフォンママ
シフォンと中学生小学生の2児の母
小学生相手のお仕事
家事嫌いの主婦
クッククロック
Recent TrackBacks
作品ブログ
シフォンママの作品集です
シフォンChiffon
よかったら見てね

Chiffon's Profile
  • ライブドアブログ